FC2ブログ

Manfrottoの小さなガジェット


Manfrottoのmini三脚は、美しい。

Designed in ITALY の極小の機能美と質感には、ほれぼれする。
PixiシリーズとPocketシリーズの2種。


デスクにならべて、疲れた目をリセットしてみた。





P7020050_convert_20150702143034.jpg





眠れぬ夜


半端な時間に目が覚めてしまった。

自然に眠くなるまで、マクロレンズを試してみようと机の上で遊んでみた。
モノ撮りはむつかしい。

7カットほど撮ってみたが、面白くない。
あきらめて、ベッドに戻ろうとおもう。



E-m1+LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH
P6260001-2_convert_20150626014019.jpg




タッチパネル機能が作動しなくても・・・。


ウチのPanasonic GM1は、タッチパネルが故障して動かない。

机の上で飲み物をこぼしたのが原因で、カメラ内部に水が浸みこんだようだ。
メーカーに修理依頼したが、「水没の痕跡があり、内部にサビも生じていて修理不能。」と送り返されてきた。

メーカーに修理不能と見捨てられた故障機なのだ。
いっそ捨ててしまおうかともおもったが、いまだに防湿庫の中に残している。

ファインダーがないので、老眼の進んだボクにはピントが合っているのかもよくわからないし、日中の明るい日差しの中ではそもそも液晶なんか見えやしない。

でも、超小型のGM1はノーファインダーで適当に撮影するストリートフォトにはすごく便利であり、その高感度性能やAFの合焦能力は、ちょっと魅力だ。
オリンパスのE-m5Ⅱとの組み合わせを念頭に導入した「30mmF2.8マクロ」レンズとの相性も、すごくいい。
絞り優先・ISO感度autoの設定でも暗がりの中でも迷いなく合焦するし、いたずらにISO感度があがることもない。

先のブログ記事の「不審者」と「Night walker」は、GM1と「30mmF2.8マクロ」レンズとの組み合わせで、適当に撮影したものだ。

ボク自身すこし驚くぐらい、いい感じに撮れている。
ますます、液晶の故障したGM1をすてがたくなってしまった。






P6210006_convert_20150622221718.jpg






E-m5 MARKⅡ

  
 軽くて、小さくて、写りが良くて、防塵・防滴で、明るく見やすいファインダーと
強力な手ぶれ補正機構を備えていて、雨の中でも厳冬期の雪山の中でも正常に動く一眼カメラ。

これらは必要条件で、十分条件は、「美しいこと」。

しかも、静かにして欲しい時には、電子シャッターを選び消音もできる。

注文していたオリンパスのE-m5 MARKⅡというカメラが、二日前の発売日に届いた。



先月のことです。

ボクは、雪山の避難小屋の前で休憩をしていた。
首に掛けていたE-M1というカメラをデッキの上に置いた。

熱いカフェラテを飲もうとして、携帯マグカップに手を伸ばした。
手がかじかんでいたのだろう。
マグカップを持ちあげようとして、手が滑ってしまった。

E-M1の上に、熱湯で溶いた大量のカフェラテをぶち撒けてしまったのだ。
それこそ、直撃でカメラ本体もレンズ胴体もカフェラテをまともにかぶってしまった。

カメラから湯気が立っていた。

すぐに、ボクは雪の中にE-M1を埋めた。
カメラとレンズ胴体にねっとり付着したカフェラテを洗い落そうと、なんどもなんども、雪でゴシゴシ洗った。

下山して、公衆トイレの水道水でカメラに水をかけて洗いもした。
帰宅後、入念にメンテナンスした。
E-M1は全く異常なくカメラ内部に水が滲みた痕跡ももちろんない。
レンズも防塵・防滴のレンズを装着していた。

正直に言おう。
ボクは、E-M1を2台持っている。
京都の街歩きなどでは、標準ズームと望遠ズームを装着した2台のE-M1を持っていくことが多い。
とちゅう、雪や雨が降る中でレンズ交換したくないし、この2台で35mm換算で24mmから300mmまでカバーしている。
明るさは、全域でF2.8通しで写りも良い。

新しく仲間入りしたのは、E-M1の「できの良い弟分」ともいえるE-m5 MARKⅡです。
いま、E-M1を1台売却して処分しようか、それとも息子に譲ろうか思案してところです。

ボクは昨年、某メーカーの一眼カメラを水で1台ダメにしています。
外遊びに持ち出すカメラやレンズにはボクなりの要求品質があり、選んだカメラとそのメーカーには実体験に裏付けられた信頼を寄せてもいます。



P2220003_convert_20150222021223.jpg



プロフィール

Katsumi Numa

Author:Katsumi Numa
名古屋在住、ことし68歳になります。外遊びが好きなのですが、病後の体力回復期のためあまり無理が効きません。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tag

名古屋 愛知県 京都 岐阜県 長野県 石川県 東京 長崎 VoigtlanderMACROAPO-LANTHAR65mmF2Aspherical 滋賀県 iPhone レンズ カメラ 飛騨古川 妻籠宿 和歌山 大阪 奈良井宿 熱田神宮 ビート 宮川町 紅葉 富山県 有松 TAMRON28-75mmF2.8DiIII 心象 下鴨神社 FE24-105mmF4G 雪山 奈良県 五箇山 足助 開田高原 馬籠宿 越中五箇山 東山 三千院  動画 路地 吉田山 自転車 平安神宮 和歌山県 祇園 自画像 八坂庚申堂 ホンダビート 金戒光明寺 山口県 雑感 volvo ドライブ  大須観音 NECグリーンロケッツ 星ヶ丘 ニッパツ三ツ沢球技場 白峯神宮 白川郷  相国寺 北野天満宮 吉田神社 #上賀茂神社 iphone 錦市場 岐阜 永観堂 覚王山 みたらし祭  映画 大覚寺 車折神社 アクセサリー 真如堂 伏見稲荷 神社 旧東海道 動物園  カメラワーク TAMRON 初詣 渥美半島 MF単焦点レンズ G 軍艦島 神奈川県 横浜 小物類 FE 愛知 玉帯川 F4 24-105mm 文房具 星ヶ丘テラス 東山丘陵 TVドラマ ボルボV90 東寺 広島 福岡県 市比賣神社 伏見 親子 串原  東郷町 御嶽山  愛知池 晩秋 石塀小路 豊田 香嵐渓 西陣 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター