八百屋は52BB

ご近所の八百屋さんです。

馴染みの八百屋さんの軒先から、古い中望遠マクロレンズでちょい撮りしました。

これは、例の1996年に生産中止されたTAMRONの 「SP 90mm F/2.5」モデル:52BBというレンズをE-M1に装着して、撮影したものです。
八百屋のおばちゃんには、撮影許可をいただきました。
なかなかの切れ味です。



P1160005_convert_20160116181017.jpg

スポンサーサイト

性懲りもなく戯れて候


ネタ切れで、今日も戯れですがご容赦ください。

今日は、「olympus om zuiko mc auto-t 135mm f2.8」という単焦点望遠レンズを、E-M1に装着して出勤しました。オールドレンズです。

昼休みに、ひと足ふた足先にリタイアした友人が寒中サイクリングの帰りに会社に寄ってくれ、鯛焼きを12個も差し入れてくれました。

オールドサイクリストの走りを背後から望遠で撮影する絶好のチャンスだったのですが、13時から会議です。撮影会は断念しました。残念!

いい絵が撮れただろうに・・・このチャンスを愉しむことが叶いませんでした。


仕方なく、机上でまた「ハマちゃん遊び」をしてしまいました。




撮影機材:E-M5markⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

P1140003_convert_20160114212537.jpg


September rain


古いフォーサーズ用レンズを、アダプターを介してE-m1につけてみた。

レンズは、SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM (フォーサーズ用)、これをマイクロフォーサーズのE-m1に装着すると、35m換算で60mmの明るい単焦点となる。
この換算60mm周辺の焦点距離は、ボク好みの焦点距離なのだ。
というのも、ボクがいままで標準ズームで撮影した写真データを解析したら、圧倒的に換算60㎜周辺が多いことが分かった。

じっさい、換算50mmの標準単焦点レンズはもってはいるがボクの場合、常用レンズの中心ではないのだ。

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMは、軽量小型のマイクロフォーサーズのレンズに較べて、とにかく「でかい!」わけだが、手の収まりはいいし、見た目の質感も好みだ。

このレンズは、2006年に販売開始され、とうに廃盤になったSIGMAのフォーサーズレンズで、安価なのだ。

程度の良さそうな中古品があったので、ネットで購入してみた。
まだ外に持ち出して、撮影はしていない。

今日は、相対湿度が70%を越え蒸し暑かったがようやく落ち着いた。


夕方、FMで太田裕美の「9月の雨」が流れていた。懐かしく、聴き入った。
1977年の曲で、当時のボクはまだ24歳だった。





P9020003_convert_20150903061420.jpg




写真雑誌


東甲信越では梅雨明けしたようですが、東海地方はまだのようです。

「昼から雨」の予報で外出を控えたのですが、けっきょく雨は降りませんでした。
書店に寄り、生まれて初めて写真雑誌を購入しました。

「アサヒカメラ」の8月号で、OM-D E-M5MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8&M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8が、「ニューフェース診断室」で取り上げられていると知ったからです。

光学計測専門家や東京大学教授、電気通信大学准教授、写真家が分析担当ドクターとして、カメラとレンズを科学的計測でその特性を分析していく読み応えのある12ページにわたる記事でした。自分のもっているカメラやレンズが良い評価なので、実にいい気分です。

繰り返しますが、ボクが写真雑誌を買ったのはこれが人生初なのですが、他の記事や多くの掲載写真も愉しめたから、出費900円の元は充分とれました。

星ヶ丘三越の地階で「御座候」の回転焼きを買って、ダイエットの誓いを破ってしまったことは告白しておかねばいけません。しかも、赤と白2種。



【今日の星ヶ丘テラス】GM1+LUMIX G 42.5/F1.7
P1030801-2_convert_20150719223211.jpg

タッチパネル機能が作動しなくても・・・。


ウチのPanasonic GM1は、タッチパネルが故障して動かない。

机の上で飲み物をこぼしたのが原因で、カメラ内部に水が浸みこんだようだ。
メーカーに修理依頼したが、「水没の痕跡があり、内部にサビも生じていて修理不能。」と送り返されてきた。

メーカーに修理不能と見捨てられた故障機なのだ。
いっそ捨ててしまおうかともおもったが、いまだに防湿庫の中に残している。

ファインダーがないので、老眼の進んだボクにはピントが合っているのかもよくわからないし、日中の明るい日差しの中ではそもそも液晶なんか見えやしない。

でも、超小型のGM1はノーファインダーで適当に撮影するストリートフォトにはすごく便利であり、その高感度性能やAFの合焦能力は、ちょっと魅力だ。
オリンパスのE-m5Ⅱとの組み合わせを念頭に導入した「30mmF2.8マクロ」レンズとの相性も、すごくいい。
絞り優先・ISO感度autoの設定でも暗がりの中でも迷いなく合焦するし、いたずらにISO感度があがることもない。

先のブログ記事の「不審者」と「Night walker」は、GM1と「30mmF2.8マクロ」レンズとの組み合わせで、適当に撮影したものだ。

ボク自身すこし驚くぐらい、いい感じに撮れている。
ますます、液晶の故障したGM1をすてがたくなってしまった。






P6210006_convert_20150622221718.jpg






プロフィール

Katsumi Numa

Author:Katsumi Numa
名古屋在住、ことし64歳になります。自転車で小さな旅をゆるゆる気ままに楽しんだり、山を歩いたり、外遊びが好きです。でも最近は体力低下なのか、もっぱらカメラをもって街歩きして愉しんでいます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tag

名古屋 京都 東京 岐阜県 愛知県 長崎 長野県 妻籠宿 飛騨古川 レンズ 和歌山 カメラ ビート 宮川町 滋賀県 熱田神宮 雪山 奈良井宿 有松 東山 足助 三千院 下鴨神社 開田高原 紅葉 馬籠宿 心象 吉田山 金戒光明寺 祇園 和歌山県 路地 八坂庚申堂 平安神宮  ホンダビート 雑感 自転車 山口県 自画像 大阪 岐阜 北野天満宮 相国寺 大須観音 星ヶ丘 錦市場 吉田神社 アクセサリー  覚王山 永観堂 #上賀茂神社 みたらし祭 白峯神宮  車折神社 真如堂 大覚寺 伏見稲荷 TAMRON カメラワーク 神社 MF単焦点レンズ 渥美半島 星ヶ丘テラス 文房具 初詣 旧東海道 動物園 横浜 小物類 福岡県 神奈川県 愛知  玉帯川  御嶽山 東山丘陵 TVドラマ ボルボV90 親子 伏見 volvo 西陣 市比賣神社 東寺 串原 晩秋 愛知池 東郷町 香嵐渓 豊田  石塀小路 ドライブ 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター