FC2ブログ

風の黒谷から、渇きの岡崎へ


くろ谷の金戒光明寺には、いい風が吹いていた。

おおよそ京都の夏は、空気が淀んで蒸し暑く、風のないイメージが強い。
ところが、どういうわけかここ黒谷の丘は、いつきても風が吹いているように思う。


土曜だというのに、真夏の金戒光明寺には参拝客が少なかった。

会津藩士の墓所でお話しをした一人旅のフランス人のご婦人。
小一時間ほど御影堂でノビていたボクの横で、同じようにノビていた若いお兄ちゃん。
写真を撮ってほしいとニコンを手渡された若いカップル。

それに、観光の熟年ご夫婦。
山門にちょこんと座って涼んでいたご近所のお婆ちゃんと、後から犬を抱いて現れたもう一人のお婆ちゃん。

1時間ほどの間におそらくボクを含めても10人程度だと思う。


ここからだと地下鉄に乗るにしろバスに乗るにしろ、平安神宮のある岡崎まで出るのが便利だ。
このあたりは、けっこう詳しい。
学生時代、ボクは岡崎に編集室があった専門誌の出版社で2年近くアルバイトをしていたのだから。
とはいえ、もう40年も前の話しだが。

平安神宮や岡崎あたりは疎水はあるものの、「しっぽり」とした京都の空気は流れてはいない。
渇いた京都の一角とでも表現したらいいのか、明治以降の開発エリアで京都の庶民生活や文化的伝統の系譜に乏しい。

だいたい、百万遍の京都大学の広大な敷地は「尾張徳川屋敷」であったし、岡崎の平安神宮は「彦根井伊屋敷」だった。
大鳥居のある京都市美術館や国立近代美術館のある今日の文化ゾーンは、広大な「加賀前田屋敷」跡地なのだから、庶民生活とは縁遠いのもうなずける。



この日、京都の空は青く、まぎれもなく夏がはじまっていた。




P7250056_convert_20150731230123.jpg




P7250112-2_convert_20150731235311.jpg




P7250061_convert_20150731230231.jpg



京都の美しい趣


風11号が四国から入って日本海へ抜けていった。

大雨の後片付けもあるだろう、予定していた京都歩きはやめにしようと思う。
下鴨神社の御手洗祭と、廬山寺の桔梗の庭でも観ようと考えていたが、来年もある。

雨の平安神宮神苑の写真だが、昨年の7月20日に雨に打たれながら撮ったものだ。
来週には、梅雨もあけることだろう。

「出町ふたば」の豆餅はおあずけとする。





P1010885-2_convert_20150719012641.jpg



プロフィール

Katsumi Numa

Author:Katsumi Numa
名古屋在住、ことし67歳になります。外遊びが好きなのですが、病後の体力回復期のためあまり無理が効きません。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tag

名古屋 京都 岐阜県 愛知県 長野県 石川県 東京 長崎 VoigtlanderMACROAPO-LANTHAR65mmF2Aspherical レンズ カメラ 妻籠宿 飛騨古川 滋賀県 大阪 和歌山 奈良井宿 富山県 ビート 紅葉 宮川町 熱田神宮 雪山 心象 有松 FE24-105mmF4G 奈良県 下鴨神社 五箇山 越中五箇山 足助 東山 三千院 開田高原 馬籠宿 TAMRON28-75mmF2.8DiIII ホンダビート  雑感 金戒光明寺 自転車 吉田山 和歌山県 八坂庚申堂 自画像 山口県 路地 祇園 平安神宮 星ヶ丘 西陣 volvo ドライブ 車折神社 白峯神宮 錦市場 岐阜 相国寺 北野天満宮 吉田神社 #上賀茂神社 大覚寺 市比賣神社 みたらし祭 真如堂  覚王山 永観堂 アクセサリー  大須観音 串原 玉帯川 愛知 神奈川県 横浜 軍艦島  カメラワーク 神社 旧東海道 動物園 小物類 福岡県 映画 NECグリーンロケッツ ニッパツ三ツ沢球技場  広島 G FE 24-105mm F4 TAMRON MF単焦点レンズ 東寺 白川郷  石塀小路 ボルボV90 TVドラマ 親子 伏見稲荷 東山丘陵 豊田 香嵐渓 星ヶ丘テラス 文房具 初詣 渥美半島  御嶽山 晩秋 愛知池 東郷町 伏見 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター