FC2ブログ

長崎 坂の街

磨屋通り(とぎやどおり)から寺町通りに出て、トコトコと長崎歩き。

亀山社中のあったところまで、階段になった坂を登る途中で一枚。
坂の途中で休憩する人がいました。




P4050272_convert_20160417031014.jpg



海ゆかば、岬にマリア像

神ノ島教会の白い建物が美しく、岬のマリア像にハッとしました。



P4040285_convert_20160415210243.jpg





P4040096_convert_20160415210346.jpg




消えた川 消えた橋

長崎に来て、思案橋停留所で市電を降りて丸山辺りを目指して歩き出す。
見渡しても「思案橋」という橋もなければ「川」も見当たりません。

昨日のブログで、江戸時代に出島への出入りが許されていた「丸山遊女」らが丸山オランダ坂を下った所にある川から小舟に乗って出島に通っていたというエピソードを紹介しました。

その川は、玉帯川です。
玉帯川はちょっ先で銅座川と名をかえて出島の海に流れていたのです。
銅座川=玉帯川ってわけで、この場では銅座川(玉置川)と表記しておきます。


下のボクが撮った写真の川の先に小さく見えている木造の洋館が、出島の旧出島神学校です。(サムネイルをクリックすれば写真が拡大できます)
中央に流れている川が銅座川(玉帯川)なんです。
川の真ん中を境に右が「銅座町」で左が「新地町」で、長崎中華街があるところです。
川はちゃんと流れているのです。



P4050441_convert_20160414191646.jpg


調べてみてわかりました。
銅座川(玉置川)は写真を見てわかるように手前で銅座町の方に大きく曲がっています。
ここから100mほど上流に遡ると川は忽然と消えるのです。

この銅座川が消えた銅座市場付近から市電の終着駅の正覚寺下にかけての500mが暗渠になっているのです。長崎市が川にフタをしたわけです。
戦後の道路拡張のために300mほどを暗渠にしたわけで路面電車の走る道路の下に銅座川(玉置川)はちゃんと流れているのです。

残りの200mの川は、思案橋横丁と並行する「ハモニカ横丁」と思案橋横丁の脇の路地の「銅座市場」の下を流れているのです。暗渠の上に「ハモニカ横丁」と「銅座市場」が建っているわけです。


▽思案橋横丁
P4050342_convert_20160414191805.jpg


▽船大工町の商店街 思案橋から思案橋横丁に入らずまっすぐ進むと福砂屋本店が角にある船大工町の商店街につながっています。この角を左折すると丸山町です。交番が見えます。

P4050318_convert_20160414192122.jpg



戦後すぐに路面電車の走る道路脇にできた闇市を撤去するために、長崎市が銅座川(玉置川)を200mにわたり暗渠化し、バラックを移設させたそうで、市民にも知らせていなかったそうです。
先の、長崎大洪水などで治水上の問題も顕在化したため、行政もここに来て「銅座市場」と「ハモニカ横丁」の撤去方針を出したそうです。



▽ハモニカ横丁※この下に石畳の銅座川(玉置川)がちゃんと流れておりテナガエビやウナギの生息が確認されているそうです。撤去計画が出されています。
P4050327_convert_20160414191456.jpg


▽銅座市場 ※ここの下にも銅座川(玉置川)は流れれいるそうです。こちらも撤去されるそうです。
P4050488_convert_20160414192228.jpg






長崎ぶらぶら節の丸山

長崎の花街といえば丸山、その丸山町の交番が、洒落ています。
絵になって、いいな~って思いました。

すぐ右手の公園が「丸山公園」、すべての街灯に「長崎ぶらぶら節」って書いてあります。
かつて、江戸の吉原、京都の島原、大阪の新町とならび称された丸山遊郭のあった場所です。

行こうか行くまいか躊躇いながらも、「思案橋」を渡った男衆は丸山町とその奥につらなる寄合町に誘われていったようです。
いまは、丸山芸者の手配所である長崎検番や料亭やらが残っていますが、遊郭の名残は特に気づきませんでした。

かつて出島に出入りが許されていたのは、丸山の遊女だけだったそうで、遊女たちは、正覚寺脇の坂を下って川に出て、小舟に乗って出島にかよったそうです。

その狭い路地のような坂が、「丸山オランダ坂」と呼ばれています。

大浦天主堂やグラバー園を巡ったあと、ぶらぶら歩きするオランダ通りの脇にある「オランダ坂」は、異国情緒あふれる東山手の外国人居留地付近にある一帯の坂の一例ということだそうです。




P4050296_convert_20160412213508.jpg





花と長崎

ボクが長崎入りした4月初旬には、もうサクラは散りかけていました。

それでも、雨に濡れた爆心地の公園や、夜の長崎水辺の公園、寺町通りなどですこしは写真を撮っていました。でも、いまいちパットしません。

春なのに、軍艦島の重い廃墟写真ばかりじゃ、華やぎも季節感もあったもんじゃないので、「花と長崎」ということで写真2葉を掲載いたします。

お茶濁しですがお許しください。





P4060539_convert_20160413192310.jpg






P4060601_convert_20160413192352.jpg



プロフィール

Katsumi Numa

Author:Katsumi Numa
名古屋在住、ことし68歳になります。外遊びが好きなのですが、病後の体力回復期のためあまり無理が効きません。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tag

名古屋 愛知県 京都 岐阜県 長野県 石川県 東京 長崎 VoigtlanderMACROAPO-LANTHAR65mmF2Aspherical 滋賀県 iPhone レンズ カメラ 飛騨古川 妻籠宿 和歌山 大阪 奈良井宿 熱田神宮 ビート 宮川町 紅葉 富山県 有松 TAMRON28-75mmF2.8DiIII 心象 下鴨神社 FE24-105mmF4G 雪山 奈良県 五箇山 足助 開田高原 馬籠宿 越中五箇山 東山 三千院  動画 路地 吉田山 自転車 平安神宮 和歌山県 祇園 自画像 八坂庚申堂 ホンダビート 金戒光明寺 山口県 雑感 volvo ドライブ  大須観音 NECグリーンロケッツ 星ヶ丘 ニッパツ三ツ沢球技場 白峯神宮 白川郷  相国寺 北野天満宮 吉田神社 #上賀茂神社 iphone 錦市場 岐阜 永観堂 覚王山 みたらし祭  映画 大覚寺 車折神社 アクセサリー 真如堂 伏見稲荷 神社 旧東海道 動物園  カメラワーク TAMRON 初詣 渥美半島 MF単焦点レンズ G 軍艦島 神奈川県 横浜 小物類 FE 愛知 玉帯川 F4 24-105mm 文房具 星ヶ丘テラス 東山丘陵 TVドラマ ボルボV90 東寺 広島 福岡県 市比賣神社 伏見 親子 串原  東郷町 御嶽山  愛知池 晩秋 石塀小路 豊田 香嵐渓 西陣 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター